一般社団法人 AIM医学研究所 The Institute for AIM Medicine

IAMについて

IAMとは

一般社団法人AIM医学研究所(The Institute for AIM Medicine, 略称IAM)は、AIMに関する研究を総合的かつ集中的に推進し、その成果の実用化を加速するために、AIMの発見者である宮﨑徹を中心に設立された研究機関です。
IAMにおける研究活動を通じ、AIMの働きの基本的なメカニズムである「体内から出るゴミの除去機構による新しい疾患治療」の概念を確立させるとともに、以下の4つの項目を2022年発足後5年間に達成することを目指します。

  1. 動物用AIM医薬品(ネコ用AIM薬)の承認・上市
  2. ヒト用AIM医薬品の臨床試験の開始
  3. ヒト用サプリ・ペットフードの承認・上市
  4. AIMに基づく診断技術の実用化

また、AIMとそれに関連する分子や様々な疾患に関する基礎・臨床研究を幅広く推進し、若手研究者の育成にも力を入れます。

構成メンバー
(2022年4月1日現在)

  • 宮﨑 徹(みやざき とおる) 
    代表理事・所長

    Photo

    1986年東京大学医学部医学科卒、医学部附属病院第三内科に入局。熊本大学大学院を経て、92年よりパスツール大学(仏ストラスブール)研究員、95年よりバーゼル免疫学研究所(スイス)主任研究員、2000年よりテキサス大学(米ダラス)にて免疫学准教授、06年より22年まで東京大学大学院医学系研究科教授を歴任。
    22年4月より一般社団法人AIM医学研究所代表理事・所長。1999年にAIMを発見し、その後研究を発展させ、現在腎臓病を始めとする多くの疾患に対するAIM創薬を推進している。その間、猫では先天的にAIMが機能不全であることを見出し、猫の腎臓病を標的としたAIM動物薬も開発中である。

  • 黒川 清(くろかわ きよし) 名誉所長

  • 新井 郷子(あらい さとこ) 非常勤研究員(東京大学大学院医学系研究科准教授と兼任)

  • 前原 奈都美(まえはらなつみ) シニア・リサーチフェロー

  • テクニカル・スタッフ 6名

  • 大学院学生 6名(東京大学より5名、東京女子医科大学より1名指導委託)

  • 客員研究員 手塚 哲志・獣医師

  • 事務スタッフ 3名

  • 外部委託事務スタッフ 5名

所在地

一般社団法人AIM医学研究所

住所: 〒162-8666
東京都新宿区河田町 8-1 TWIns

ご用の方はこちらからご連絡ください。

お問い合わせFORM

ご用の方はこちらからご連絡ください。

お問い合わせFORM